マルマテクニカ株式会社 ヘッダーバック2
トップページ会社案内製品事業紹介求人情報新着情報サイトマップ
 Home > 会社案内 > マルマのあゆみ(年表編)
マルマのあゆみ
会社概要|マルマのあゆみ|事業所・関連会社連絡先一覧社訓
|マルマのあゆみ(草創編)マルマのあゆみ(写真編)|マルマのあゆみ(年表編)|
年表が語る・・・マルマの来た道
ここでは、その後のあゆみを、年表形式にてお見せします。戦後まもなく創業した中小企業が、試行錯誤をしながら生き抜いてきた、典型的な例としてご覧下さい。
1946年 昭和21年 旧陸軍機甲整備学校の払い下げを受け(有)マルマ車輛整備工場発足。
1949年 昭和24年 米国キャタピラー社の指定サービス工場となる。
1953年 昭和28年 (有)マルマ車輛整備工場よりマルマ重車輛(株)へ社名変更。
1957年 昭和32年 (株)小松製作所、三菱重工業(株)、日野自動車工業(株)の指定サービス工場となる。
1959年 昭和34年 トラクタ用分解組立用特殊工具の製造を開始。
1960年 昭和35年 化工機部を設立させ石油ガス関係のサービス事業を開設。
1963年 昭和38年 愛知県小牧市に名古屋工場を開設。
1964年 昭和39年 神奈川県相模原市に相模原工場を開設。
1968年 昭和43年 日本初のトラクタ用特殊アタッチメントの製造を開始。
1972年 昭和47年 米国ウルフ社、L&B社と足廻り再生設備の製造販売に関する技術提携及び販売契約を締結。
1973年 昭和48年 米国ストゥーディ社の表面硬化溶接棒・ワイヤの日本総代理店契約を締結。
1975年 昭和50年 米国メドフォード社とROPS,FOPSの製造に関する技術提供を締結。
1976年 昭和51年 資本金96,000,000円に増資。
1981年 昭和56年 整備技術研修センターを開設。
1984年 昭和59年 米国キャタピラー社の足廻り再生機械の納入業者として指定される。
1987年 昭和62年 化工機部を分社化し、「マルマ機工株式会社」を設立。
1988年 昭和63年 米国ラバンティ社モービル・シャーの日本総代理店となる。
1989年 平成元年 米国SPX社、OTC社の日本販売総代理店となる。
1993年 平成5年 相模原工場に油圧機器整備工場を建設。
1994年 平成6年 東京工場跡地に合同ビルを建設。
1996年 平成8年 会社創立50周年。マルマ重車輌よりマルマテクニカ(株)へ社名変更。
本社ビル建設。神奈川県厚木市に厚木工場を開設。
2002年 平成14年 森木泰光が会長に就任。現社長(森木英光)が社長に就任。
2004年 平成16年 本社所在地を東京から相模原に移動 (本店所在地は東京のまま)
2006年 平成18年 ISO9001:2000認証取得。
2007年 平成19年 大阪営業所開設。
2012年 平成24年 オーストリア パルフィンガー社トラック型の屈曲式クレーンの販売代理店契約を締結。
2013年 平成25年 オーストリア エプシロン社トラック型の金属スクラップ専用クレーンの販売代理店契約を締結。
英JCB社ディーゼルエンジン販売店契約を締結。
伊ロンバルディニ社小型ディーゼルエンジンの販売店契約を締結。
英ハートリッジ社ディーゼル燃料噴射試験装置の販売代理店契約を締結。
 2015年  平成27年  オーストリア エプシロン社トラック型の林業用クレーンの販売代理店契約を締結。
  

Copyright(c) 2005 MARUMA