黒煙、NOxは何%削減できるのですか?

DPFの黒煙閉塞を未然に防ぐ装置(MIS)があります。詳しくは商品紹介ページをご覧ください。

装置のメンテナンスは必要なの?

どうやって黒煙やNOxを削減するの?

既にDPFが装着されているが、メンテナンスが煩雑だ。もっと簡単にできるようにならないか?

どの程度NOxを削減する必要があるのかは、施主や受注条件、現場の意向等によって異なっているのが現状です。
マルマテクニカでは、お客様の使用する機械のエンジンスペックから可能な削減割合をご提案させていただきます。

建設作業現場の総量規制があり、NOxを削減しなければならないが、機械が古い。何とかなるのか?

黒煙は、エンジンから排出された黒煙をフィルターで捕集し、触媒反応作用で浄化します。
NOxは、もともと排出される量を減らすEGRと、排出されたNOxを還元触媒と添加剤を使用して無害化する、
2通りの方法があります。
詳しくは商品紹介のページをご確認ください。。

エンジンの大きさ、排気量、お客様の使用条件、削減目標によってご提案させていただく装置が異なります。
まずはお問合せください。

いくらぐらい費用がかかるの?

黒煙対策装置に関しては、触媒反応に必要な排気温度が十分に得られない場合にメンテナンスが必要です。
ですが、CCTとの併用でその頻度は激減させることが可能です。

 Home > 製品事業紹介 > 環境関連機器 > 産業用機械向け排ガス対策ページ

トラックやバスにも装着できるの?

マルマテクニカ提案の装置を付けても、それらの基準に適合になるわけではございません。
現時点では、後付けによって基準に適合させられる装置はございません。

TOP
商品紹介
構造と原理
マルマの技術力
Q&A
建設機械 排ガス規制 の背景
お問合せ

トラックやバスには専用の装置があります。
詳しくはこちらから⇒http://www.maruma.co.jp/product/product6/special/special.html

マルマテクニカ株式会社
トップページ会社案内製品事業紹介求人情報新着情報サイトマップ
Q&A

これらの装置をつければ、国土交通省の1次基準、2次基準、3次基準に適合になるの?

エンジンの大きさ、排気量、お客様の使用条件、削減目標によってご提案させていただく装置が異なります。
まずはお問合せください。


Copyright(c) 2005 MARUMA

ヘッダーバック2