スモークバスターNシリーズの製造元であるケミカルオートは九都県市乗り入れ規制対応DPF(スモークバスター)として 約7,500台の後付け浄化装置の販売実績があります。 NシリーズはそのPM除去技術をもとに開発されました。独特の粒状セラミック触媒は国内だけでなく、海外の特許も取得しています。制御システムは販売元であるマルマテクニカも開発協力し、自動車用として実績のある部品を可能な限り採用することで、信頼性の高い装置になったと確信しております。


マルマが販売するスモークバスターNシリーズとは・・・
排ガス規制対策サイトTOPに戻る
 Home > 製品事業紹介 > 環境関連機器 > ディーゼル車排ガス対策ページ

Copyright(c) 2005 MARUMA

排ガス規制 サイト TOP
排ガス規制 の説明
装置選定の 手引き
マルマが 販売する 装置とは
スモーク バスターN の特長
NOx・PM 低減装置 適合表
九都県市 だけ 対応の方
よくある 質問 Q&A
マルマテクニカ株式会社
ヘッダーバック2
トップページ会社案内製品事業紹介求人情報新着情報サイトマップ
大型・中型を中心に多種エンジン型式への対応を考慮した構造となっています。過去難しいとされてきた、ターボ付きエンジン対応機種も日本では唯一 ※1 スモークバスターだけが認定取得致しました。
スモークバスターの全長は大型用でも956mmに押さえ、バスなど装着スペースの限られた車両にも装着できるよう最小の大きさになっています。付属の燃料噴射装置は別置きで小型ですので、装着できる車両が拡大されました。
PM触媒には粒状セラミック触媒を使用しておりますので、高速車両でなくても目詰まりしにくく、メンテナンス頻度のきわめて少ない装置です。
電子制御とエアー混合により、燃料噴射効率が良く燃料消費量を最小限に抑えるきめ細やかな燃料噴射制御を行なっています。
マルマテクニカは他社製品も含め全国の修理工場様の協力も頂き、国内だけでDPFを1万台近く販売しており、装着前後のサービスに特に力をいれております。
マルマテクニカは東京、神奈川、愛知、大阪にサービススタッフを配属し、かつ東北から九州まで有数の整備工場様と契約させて頂いておりますので、より良い装着やサービス対応が可能になります。
装置装着は、規定の条件を満たし、マルマテクニカの講習を受講頂いた認証取得工場にだけお願いをしておりますので、装着まで含めて弊社指定工場にお任せ下さい。
中・大型エンジン用を得意とするスモークバスターNと、不具合が極めて少ないと評判の高いNOx・PM低減装置により、小型から大型車まで幅広いエンジン型式に対応いたします。